初めて体験した「あそこの痒み」

わたしは普段から日焼けをしてもシミやそばかすは残らないし、顔面にできるニキビも同年代の子達に比べると少なく、肌質は強い方でした。そんなわたしが初めて体験した肌トラブルは、痒みでした。しかも人には相談しにくい「あそこ」の肌が痒くなってしまったのです。

初めての経験「あそこの痒み」

sbis

こんな経験は初めてで性病を疑いましたが、冷静になって考えてみると夏場の猛暑の時期に生理が被ってしまい汗とナプキンによって肌がかぶれてしまったことに気付いたのです。

場所が場所なだけに掻くわけにもいかず必死に痒みを耐える毎日を過ごします、しかし問題の箇所は常に下着と患部が密着しているため布に擦れて痒みは増すばかり。とにかく清潔にして一日でも早くかぶれを治すためにあの時は一日に何度も何度もあそこを洗っていました。

その甲斐あってか、痒みからは一週間程度で解放されることができたのですが、次は謎の異臭に悩まされることになりました。

あそこの臭いもひどくなってきた

pksps

わたしはもともとあそこの臭いはほとんどなく無臭に近いタイプでしたが、あの時ばかりは自分でも不快感を覚えるほどの強い臭いを放っていました。

下着ごしにも漂う発酵臭のような、生理の時の鉄臭い香りとはまた違った種類の今までに嗅いだことのない臭いです。さらに今まで透明でほとんど量のなかったオリモノが、少しくすんだ黄色っぽい色に変色していたのです。量も増え、どうやら異臭の原因はこのオリモノでした。

病院に行く勇気はなく自分なりにオリモノの変化について調べてみたところ、あそこの洗い過ぎが原因であそこに必要な良い菌の数が減少してしまい、炎症をおこしているようでした。痒みにばかり気を取られて過度な洗浄を繰り返した結果、また別の問題を引き起こしてしまったのです。

臭いは気になりましたが、それを知ってからは通常通りの入浴回数でお風呂を済ませ、ムレなどに気を付けていたら一カ月ほどでオリモノは減り今では元通りの正常な「あそこ」へと戻ることができました。

デリケートな問題なので友人はもちろん家族にも相談出来ず、ネットで調べる行為にすら躊躇いがあったほどでした。

しかし、臭いと痒みに悩まされていた私は、隠れるようにネットで情報収集をしていました。

その時参考になったのがこちらのサイトです。

site
>>参考サイト:あそこが痒い|膣の痒みの原因と解消方法まとめ

病院に行く勇気もなく自分なりの処置をほどこした結果、さらに自分の問題を悪化させることに繋がってしまったのでこれからは目先の羞恥心にとらわれず正しい診断を受けることが大事だと知ることができるキッカケとなった出来事でした。